Select Language

お問い合わせ

植物性ヒアルロン酸

食品化粧品

植物性ヒアルロン酸

植物性ヒアルロン酸は
白キクラゲ由来の
食品原料です。

銀座トマトの植物性ヒアルロン酸は白キクラゲ由来です。白キクラゲ(White Jelly Fungi;WJF)は食用キノコであり、日本では中華料理のデザートとして知られています。中国では古くから生薬の一つ「銀耳」として利用され、美容食材としても知られています。3,000年前の楊貴妃も美容のために王宮料理に使用していたと言われています。白キクラゲが持っている多糖体には、グルクロン酸を含む多糖があり、ヒアルロン酸と極めて構造が似ています。そのため、植物性でありながらヒアルロン酸以上の保水力を有しています。また研究では、植物性ならではの機能も見出されています。

植物性ヒアルロン酸の特長

特長1: 優れた保水力

優れた保水力

保水力の比較白キクラゲ多糖体の水溶液はpHの影響を受けにくく、pHが変化しても安定して吸水膨潤します。保水力をヒアルロン酸と比較したところ、その体積が人工胃 液中(pH 1.8)で19倍、人工腸液中(pH 7.4)で1.2倍となり、酸性から中性で、自重の450倍以上の保水率を有します。これにより、胃の中で膨潤して満腹感を示す可能性があることから、食欲抑制作用が期待できます。また、便の水分を高めることで便秘改善効果も期待できます。

特長2: 便秘改善効果

便秘改善効果

便秘改善効果分子量100万以上の保水性に優れた安定性の高い高分子が便を潤し、ビフィズス菌や乳酸菌を増殖させ、健やかなお通じをサポートします。便秘患者16名を3つのグループに分けて0.1%、0.2%、0.5%の濃度の白キクラゲ多糖体溶液100mlを毎朝・夕食2時間後に7日間服用して貰い排便状況を観察しました。その結果、白キクラゲ多糖体0.2%群では80%以上の効果が見られ、0.5%群では100%の改善効果が見られました。

特長3: 抗酸化力と肌弾力・肌湿潤の改善効果

抗酸化力と肌弾力・肌湿潤の改善効果

白キクラゲ多糖体はヒアルロン酸様物質でありながら抗酸化力を有しています。これは他のヒアルロン酸には無い特長で、植物性ならではの機能です。また1ヶ月間の植物性ヒアルロン酸の摂取でモニターの50%に肌弾力の改善、肌湿潤の改善の他、目の下のたるみ(目袋)の改善効果などがみられました。

植物性ヒアルロン酸の用途

  • 食品

    食品

    ドリンク、サプリメント、ゼリー、スィーツなど明らか食品

植物性ヒアルロン酸の製造方法

植物性ヒアルロン酸の製造方法

白キクラゲを近代バイオテクノロジー技術を用いてその構造解析と効果効能の特化を試みました。
長年の研究で銀座トマトは植物性ヒアルロン酸という素材を提供させて頂くこととなりました。


植物性ヒアルロン酸の開発ストーリー

植物性ヒアルロン酸の開発ストーリー

植物性ヒアルロン酸は白キクラゲ由来のオーガニック素材となっております。白キクラゲは、日本を始めとするアジア温帯地域の広葉樹林に見られる一般的な食用キノコです。
「キクラゲ」と名前は付いても、白キクラゲはキクラゲとは生物学上全くの別種のもので、非常に柔らかく美しい白色透明の子実体を形成します。近年、このシロキクラゲに関して,様々な角度から科学的研究が行われ、種々生理活性が明らかになってきました。

このシロキクラゲが過去に美容を目的とした食材であったことは、弊社をはじめ、様々な研究機関の学術研究からも証明されており、脂肪蓄積抑制作用から脂肪吸収抑制作用、便秘改善作用に腸内フローラ改善作用と、納得できる効果ばかりです。銀座トマトではこのますます高まる白キクラゲ多糖体を由来とする植物性ヒアルロン酸を、新たなエビデンスも交え皆様にお届けすることになりました。

お気軽にお問い合わせください

TEL.03-3572-5555受付時間:平日 9:00〜18:00