English

お問い合わせ

よくあるご質問

バラプラセンタ

  • Q動物性に比べて、効力が弱いのではないでしょうか?
    A様々な有効性が確認されているだけでなく、体内の酸化物質を作り出す原因である活性酵素を取り除く効果が豚プラセンタの4倍もあります。
  • Q動物性にはどんな危険性があるのでしょうか?
    Aプラセンタはほ乳類動物の胎盤から抽出するものですが、豚・馬・牛などの胎盤の他、人間の胎盤からの抽出品もあります。よって、残留ホルモンやB型・C型肝炎ウイルス、各種バクテリアやエイズウイルス、狂牛病の病原体であるプリオンなど、感染病などの危険性があります。
  • Qターンオーバーとは何でしょうか?
    Aお肌(角質層)の生まれ変わり周期をターンオーバーといいます。一般的に28日間と言われていますが、年齢と共に遅くなっていきます。
  • Q抗酸化力とは何でしょうか?
    A私たちの身体は加齢とともに老化していきますが、これは活性酸素によって細胞が金属と同じように錆びていくことです。「錆びる」つまり「酸化」は活性酸素の仕業なのです。活性酸素は絶えず身体の中で酸素によって作られています。そしてこれが蓄積されると単に老化を早めるだけでなく、がん細胞が増殖したり動脈硬化を引き起こすなど、様々な疾病の原因になることが分かっています。でも、生きていくのに酸素が不可欠である以上、私たちの身体にはこの活性酸素の働きを阻止する物質も作られています。それが「抗酸化物質(スカベンジャー)」というもので、その働きが「抗酸化力」です。
  • QEGFとは何でしょうか?
    Aいくつかあるサイトカインのうちの1つです。体内で作られるタンパク質の一種で、ヒト上皮細胞再生因子(正式名称:上皮細胞増殖因子または表皮成長因子)の事です。字の如く、上皮、つまり肌の細胞を増やしたり成長させたりする因子です。EGFはお肌の受容体(レセプター)と結合することで周辺の細胞組織に情報を伝達し、傷やシワなどの老化現象を修復する、大きなエイジング効果を発揮します。 ヒトオリゴペプチドとも呼ばれ、Human Epidermal Growth Factorを「hEGF」や「EGF」と略称されます。アメリカのコーエン博士が発見し、1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことで有名になりました。

バラカルスエキス

  • Qバラカルスエキスはバラプラセンタとの違いはありますか?
    Aバラプラセンタは総じて細胞活性効果が高く、その理由が成長因子の増加効果から誘導されるものと考えられます。バラプラセンタはバラカルスを含め、様々な有効添加剤の効果を高めるブースターの役割を担います。
  • Q幹細胞とはなんですか?
    A幹細胞は、自己複製能と様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持つ特殊な細胞です。
    2つの能力があるため、発生や組織の再生などを担う細胞であると考えられています。
    ヒトではES細胞、iPS細胞と呼ばれるものです。

ふかひれコラーゲン

  • Q普段の食事からは、コラーゲンをどのくらい摂取できるのでしょうか?
    A20~50代女性の平均で1,900mgです。対して、コラーゲンの1日の必要量は5,000mgと言われます。不足分を補わないと、どんどんコラーゲン不足となります。
  • Qコラーゲンが不足すると、どうなるのでしょうか?
    Aコラーゲンが減少してくると、お肌にハリがなくなり、小じわが目立つようになったり、爪が折れやすくなったり、髪の毛の艶がなくなり、パサついてしまう、といったことが起こってきます。他にも、このように目に付く部分への影響だけではなく、体の中では骨や血管を丈夫にし、関節と関節のクッションの役割である軟骨の形成成分となっています。加齢による減少で、少しの運動で関節痛が起きる原因にもなります。

本真珠粉末

  • Q真珠層の厚さは、約何ミリ程度になるのでしょうか?
    A真珠の表面の光沢部分は真珠層と呼び厚みは0.5~1ミリです。6角形の薄いカルシウムの結晶がいくつも重なった層状を形成しています。1枚の結晶の厚みは約0.4ミクロン。仮に1ミリの真珠層の場合、この薄膜の枚数は2500枚にも達します。
  • Qコンキオリンとは何でしょうか?
    A真珠の光沢は「コンキオリン」というタンパク質によるものです。コンキオリンたんぱく質の特徴はコラーゲンに似た性質を持っていると言われ、シワ・小ジワの防止などから、肌や髪などへの美容成分として利用されています。

ダマスクローズオイル・ローズ水

  • Qダマスクローズは、なぜ「花の女王」と呼ばれているのでしょうか?
    Aダマスクローズは、およそ2万種を超えるバラの中でも最も香り高く、中でもブルガリア産のダマスクローズオイルは最高級品とされています。開花時期は、1年のうちで約20日間という短い期間しかありません。そのなかで、収穫できるのは早朝から太陽がのぼるまでの、ほんのわずかな時間です。太陽が出て気温が上がってくると、花が開いて閉じ込められていた香気成分が漏れてしまうのです。
    そんなダマスクローズからとれるオーガニックローズオイルの量は、約3,300本の花からたったの1gです。そのため、とても高価で貴重なものです。
  • Q米国農務省のオーガニック認定の基準はなんでしょうか?
    A【1】「米国使用認可合成物質および使用禁止自然物質リスト」に従った原材料および加工原料を使用。 【2】遺伝子組み換え作物、放射線照射、下水汚泥肥料の使用を禁止する。 【3】有機農場の認可は、禁止物質使用後3年を経過しなければならない。 認定には農地および加工施設の立ち入り検査、記録の検査、土壌や水の定期的検査などを行うだけでなく、「オーガニック」を称する農家に対し抜き打ち検査も行われています。 表示シールの使用の規則も厳格で、下記の場合にしかUSDAオーガニックマークは貼付できません。 【1】有機生産された原料だけで作られている【2】『Organic』:製品の塩と水以外の部分が、95%以上有機生産物で構成され、残りの5%未満が「米国使用認可合成物質および使用禁止自然物質リスト」で認められた物質でできている
  • Qローズオイルに、バラプラセンタと同じ効力があるのでしょうか?
    Aローズオイルは花びらを蒸溜して抽出するオイルであるのに対し、バラプラセンタは胎座から得たエキスなので、オイルには無い生理活性で、より優れたエイジングケアを実現します。